新規募集再開!

●新規募集を再開しました。

体験レッスン受付中です。

飛沫防止シートを挟んでレッスンを行っています。

 

●教室に新しく電子ピアノが入りました!

CASIOのPrivia。88鍵のデジタルピアノとしては世界最小スリムボディ。

スタイリッシュな外見にひかれました♪

 

ちなみにYAMAHAの同価格帯の人気機種は品切れ中でした。

電子ピアノはこのコロナ禍でもよく売れたそうで。

かつ今は生産が不安定なこともありY社のものもC社のものも品薄のようでした。

リアルレッスンの良さ

6月に入り通常レッスンを再開して思うことは、「やはりピアノの生音は良い♪」ということです。

 

それから「合わせができるのが良い♪」

横並びの連弾レッスンは距離が近すぎるのでしておりませんが、キーボード等で合わせをしています。これはオンラインレッスンではタイムラグがあるのでできなかったこと。

レッスンがより効果的になりますし楽しんでいただけて嬉しいです。

 

オンラインレッスンのみだった時期を経て、リアルレッスンの効用がより鮮明になったことは私にとって思わぬラッキーでした。

 

皆さんに生音を奏でてもらうこと、連弾などの合わせができること、それはもちろん大切ですが、私自身がピアノの生音でしか伝えられないこと、それをもっと伝えなくてはリアルレッスンの意味がない。

 

そのことを改めて思いました。

 

オンラインレッスンを体験しリアルレッスンに戻った生徒さま方にも、きっとリアルレッスンへの臨み方に変化があったと思います。それはどうやったらレッスンを有効に受けられるのかを考え、得するレッスンの受け方に繋がっていくきっかけになると思います。

 

 

さて教室生さま向け「会員専用」ページに「オンラインレッスンのご感想」の二人目の方の動画をアップしました。

 

またこちらのブログにも文字で書き起こしてご紹介したいと思います。

 

 

オンラインレッスンのご感想③

オンラインレッスンのご感想をご紹介します。

 

●「レッスン間際まで練習ができるので、やってきたことが発揮できたように思いました」

●「家とは言え、キチンと緊張感はありました。」

●「音の強弱が伝わりにくいのがオンラインレッスンの弱点かなと感じました」

●「先生もいつも通り丁寧に聴いてくださり、いろんな面で先生のご配慮が行き届いていて、教室で受けるのとそう相違は無く、思っていたより便利で良かったかなぁという感想です」

 

 

これらはお一人の方からのご感想ですが、「お家でも程よい緊張感がある」というのは他の方からもお声をいただきました。日頃からとても良い姿勢でレッスンに臨んでくださっているからだと思います♪

 

音の強弱や音質については、確かに現段階では十分とは言えませんが、端末によって変わるのと、使うアプリによっても変わってくるようです。あとは音質の設定もありますのでまたオンラインレッスン生さんにお伝えしていきますね。

 

 

 

オンラインレッスンのご感想②

オンラインレッスンのご感想をいただきました。

 

教室生さんに向けての会員専用ページには、撮影にご協力いただきご感想をお話いただいている方の動画をアップしました。

 

ここには別の方からのご感想をご紹介します。

 

オンラインレッスンの良い点として、

 

●「家から教室へ通う時間がカットされるので、レッスン直前まで練習ができる。気持ちや感覚がとぎれずスムーズにレッスンに移行しやすい。」

●「終わってからもすぐに復習することができる!」

 

そのようなご感想をいただきました。

これは私も気づいていなかったことですが、そんなメリットがあったのですね。

 

帰ったらすぐに復習しようと思っていても、帰りに寄り道の誘惑もあったりして(当教室のまわりには楽しそうなお買い物などの誘惑がありますねー)、レッスン後から時間があいてしまいそのまま復習するのを忘れてしまう・・・確かに通常レッスンだとそんなこともありそうです。(帰りの寄り道もお楽しみの一つでいいと思いますが♪)

 

オンラインレッスンのデメリットは、

●「音が割れたり、調整すると音が小さすぎて聞こえにくかったりするところ。」

 

これは何の端末を使うかにもよるのと、改善余地も少しあります。

そしてこれから5Gの時代がきて・・・

今後もっと改善されていくのではないでしょうか。

 

新しい生活様式に沿った通常レッスンの再開

緊急事態宣言の解除に伴い、6月より既存の生徒さんに対する通常レッスンを再開することにしました。

 

新しい生活様式に沿ったレッスンは下記対策をします。

 

①マスク着用

②入室時手指の消毒

③鍵盤や教室内の消毒

④レッスンの間隔をあけて換気

⑤離れた位置での会話及びレッスン

 

①から④は教室としては3月までも行っていたことです。

今回生徒の皆さまにも共有していただくということです。

 

⑤については、

●教室への入退室からして、接近しないような形に変更します。

●受付的なことは飛沫防止シートを挟んで行います。

●レッスンは約1.5メートル離れた位置でします。

●場合によってはレッスン中にも一度窓を開けて換気

 

もともとピアノのレッスンは「対面」せずピアノに向かって並列した状態です。

でも距離が「近い」です。

そこを変えたく、少し不便ですが離れて並列したような形でします。

 

あとどうしてもレッスン中は防音のため密閉になります。

そこは部屋続きの第2レッスン室も開放することで広さを確保。

空気の巡りをよくしてこまめに換気。

 

慣れるまではお互いストレスを感じるかもしれません。

 どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

オンラインレッスンのご感想①

今月は10数名の方に実際のオンラインレッスンと体験レッスンを受講していただきました。

 

アプリを入れる、ネット環境で相手とパソコンなどて繋ぐ、音声と映像をやり取りする・・・これらが初めてのご体験だった方も、ドキドキしながら1歩前に踏み出してくださいました。

 

●「何でも経験ですね!」

●「(PC操作に自信のない)自分にもできるんだ!と思いました」

●「新しいことを始めるわくわく感がある!」

●「教室のピアノで弾けないのは残念ですが、今ちょうど理解が深まって面白くなっていたところだったので、オンラインでレッスンを続けられて良かった」

●「(レッスンの進行に関して)意外にも違和感がないです」

 

こういったご感想をいただきました。

 

上手くいくかどうか、どんなものか。

わからなくてもとりあえずこの機会にチャレンジ!

そのお気持ちが素敵だなと思いました。

 

 

会員専用ページを更新しました

本来なら今月開催予定だった「弾きあい会&アンサンブルレッスン」に向けて、課題にしていたアンサンブル曲の練習用動画を会員専用ページ(在籍生さま向け)にアップしました。

 

これらの曲を課題にしていた方で現在レッスンをお休み中の方は、ぜひこれを活用して練習してみてくださいね。

 

 

オンラインレッスン~今の思い

 

3月からずっと準備しておりました「オンラインレッスン」を4月から当教室でスタートしました。(これは現在のところ在籍生さんに対し選択肢の一つとして行っているものですが、将来的にはオンラインレッスンのみのコースも開講するかもしれません。)

 

 

 

既にオンラインレッスンを受講していただいた方数名、体験レッスン受講中の方数名。いろんな心配がありましたが、思っていた以上にスムーズでほっとしています。受講生さまからも「意外と違和感がなくて驚いている」とのお声をたくさんいただいています。また皆さまのお声をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

ここ数か月、非日常の生活で緊張感が強いられる中、3月からはカルチャーセンターの教室がすべて休講、4月は緊急事態宣言日に合わせて当教室もオンラインレッスン以外は休講という決断をしました。

 

 

 

緊張感もそうそう持ち続けられませんが、感染症の拡大は収まる気配がまだなくこの事態がいつまで続くかもわかりません。

しばらくお会いできていない受講生の皆さま、とりわけ3月からお会いできていないカルチャー教室の皆さまのことはずっと気にかかっています。

 

 

 

オンラインレッスンには新たな可能性を感じていますが、通常のレッスンの良さ~通うことの意義、対面ならではの楽しさ、ピアノの生音の心地よさ等々~それらに改めて価値を感じる機会ともなりました。

 

 

 

長年レッスンや講座に通い続けてくださっていた皆さまにとっては、ご自身の事情ではないのに急に通えなくなってしまう、楽しみにしていたことができなくなってしまう。このような事態に何か私にできることはないのか、今も考え続けています。

 

とりあえずは、当教室在籍の方以外もこのホームページ内ブログを見てくださっているかもしれないと思って、更新していこうと思います。

 

西宮北口にも!ストリートピアノ

ついに登場!

 

ストリートピアノが西宮北口駅近くのアクタ西宮2階に。

 

でも今はコロナウイルス感染警戒のため、使えないそう。

 

このスぺースはこれまでもプロ演奏家を招いてのイベントをよく催している場所。

 

音楽の流れる楽しい場所に早く戻ってほしいですね。

 

トクするレッスンの受け方

こんな方はおられませんか?

 

・「レッスンに来たときは『次こそ(次のレッスンまでに)練習をしっかりとやろう!』と思いつつ、レッスンが終わるとほっとしてしまい、しばらくピアノに触らず日々が過ぎてしまう」

 

実はよく聞かれる声です。

わかります。

  

忙しい中レッスンに通ってくださっているのです。

そうなるのも仕方ないです。

 

しかし!!

 それではせっかくのレッスンが大変もったいないです。

 

「その日のうちに復習しましょう!」

「その日中に復習したら、そのあとは何日空いてしまってもいいです!」

 (毎日少しずつ練習するのが一番ですが)

 

そのようにお伝えしています。

 

人間の脳は元来忘れるようにできていて、

記憶したことは一日後には7割以上忘れているそうです。

(エビングハウスの忘却曲線)

 

その日中にピアノに向かうことができない場合は

 

「その日のうちにレッスンを振り返って、言われたこと、気づきなどをメモしましょう!」

 

練習しなくていいです。

書くだけ。

 

書いて振り返るだけでかなり復習になります。

次に練習するときが何日も空いてしまっても、そのメモをみながらだと効果的に練習できるはずです。

 

こちらの過去記事もご覧ください→レッスン活用法

 

生徒さんの声

生徒さんの声」ページを更新しています。

その他にも日々いろいろなお声をいただきます。

 

・「ピアノレッスンを始めてから、TV番組などでピアニストの演奏を聴くときも興味の持ち方が変化した。演奏会などにもでかけるようになり、興味の幅が広がった。何より生活の中で前向きに取り組めることができたというのが良かった。」

 

これはうれしいお声です。

ピアノが日々を豊かにするきっかけになっている。

理想的なレッスンの効果ですね。

 

 

コープカルチャー西宮教室の発表会

本日は外部教室の一つ、コープカルチャー西宮のらくらくピアノ教室の演奏発表がありました。

 

コープカルチャー西宮の舞台発表会は2年に1回くらいの開催。子供さんのバレエや大人の音楽教室、ダンスなど様々な講座の発表の場です。

 

「らくらくピアノ教室」の出演は今回が3回目。いつもトップバッターです。皆さんのグループでのキーボード演奏に私のピアノ伴奏というスタイルです。

 

こういった合奏はとにかく気持ちを合わせなくてはできません。

この日のために何か月もかかって準備してきたので、終わったときは本当にほっとしました。

 

皆さんが一丸となって本番ですごい力を発揮してくださることは前から知っていましたが・・・

今日もそのパワーは素晴らしかったです。

 

 

弾きあい会とアンサンブルレッスン

教室だより第5号を発行しました。

教室生のみなさまに現在配布中ですが、先に会員ページで見ることもできます。

 

教室だよりの内容は「弾きあい会とアンサンブルレッスン」のご案内がメインです。

 

年に1度の外部会場でのイベント以外に、いつもの教室でも気軽な集いの場を設けたいと思い企画しています。

 

2020年 新年ご挨拶

明けましておめでとうございます。

この一年が穏やかな良い年となりますように。

2020年元旦

 

さてお正月にみる縁起の良い初夢のナンバー1は「富士山」

そして今日のようなすがすがしく晴れた日に歌いたくなるのが、唱歌「ふじの山」。メロディーといい歌詞といいとても晴れやかな気分になる歌です。

 

ところで当教室は「大人からピアノを始める方」「子供のころに少し習っていた再開組の方」が対象のピアノ教室です。

 

ピアノ教室には「子供から大人まで」「初心者から上級者まで」

「音大を目指す方やプロをめざす」等の様々な教室がありますが、当教室は対象者が限定されているほうかと思います。

 

来られる方の中には

「子供のころはいやいや習っていた」

「親に言われて仕方なく通っていた」そんな方が意外に多いのです。

 

または子供のころ習いたかったけど習わせてもらえなかった」

「ずっと機会がなくて今まできた」という方も多いです。

 

そんな思いを持ちながらも、「やっぱりやりたい!」と思って来てくださるんですね。

 

ふじの山の歌詞の2番に「かすみのすそを遠くひく」とあります。

すそ野の広がりもまたこの山の美しさの特徴の一つ。

 

今年も、音楽振興のすそ野の部分を拡げる役割をもった教室として日々を重ねていきたいと思います。