教室が誕生するまで②

朝夕は少しだけ秋の気配を感じるこの頃になりました。

涼しくなればピアノをもっと弾きたくなりますね!

 

さて当教室は5年と少し前に開講しました。

それまでのことを『教室が誕生するまで』シリーズでつづっています。

 

前回も書きましたが、講師になる前、

私は会社員などの傍らピアノの技術習得に励んでいました。

 

20代の後半になって、いろいろなきっかけがあって

昔習っていたピアノを再開しました。

 

そしてまたいろいろなことがあって、ピアノの奥深さにひきこまれていきました。

とにかく楽しくて、やってくる流れにのっているうちに

結果的には腕を磨くことに繋がっていました。

 

その頃の数年間を近くで見ていた知人から、

「(練習する)努力を続けられるからすごいね」と言われたことがあります。

それを聞いたときとてもびっくりしました。

 

努力しているなんてまったく思ったことがなかったからです!

 

努力をした覚えはありませんが、

練習する時間をどうやって捻出するか。

どうやったら練習を効果的にできるか。

このことは常に考えて工夫をしていました。

(続く)