客観的な耳をもつ

以前、練習のヒントの一つに「自分の演奏を録音・録画してみる」を挙げました。

 

この効果はやはり自分を客観的にみられるということです。

 

ピアノの演奏は、

「指が楽譜通りに動くかどうか」

 

ここまでの段階で終わってしまうのは勿体ない。

技術レベルを少し落としででもその先をもとめてほしいですね。

 

曲をどうとらえてどう表すのか。

大人の方は特にこの部分を楽しむことが演奏の醍醐味ではないでしょうか。

 

そのためには曲の中にある感情など、

何かに共感するアツい(!?)気持ちも必要です。

 

同時に冷静で客観的な目や耳をもつことが上達の楽しみに繋がります。

「同時に」というのがとても難しいバランスです。

 

録音して後から聴くことは、

そのバランスを保つ助けになってくれるわけです。