レッスンを卒業するとき

「なぜレッスンに通っているのか?」

「それはレッスンに通わなくてもいいようになるため」

 

禅問答?のようですが・・・

これは以前に私が習っていたピアノの先生に言われた言葉です。

 

言われたときに頭をガツンと殴られたようなショックでした。

 

当時はレッスンに通っているだけで満足。

とにかく楽しいんだもーん!というかんじでした。

 

そんな私への、

「それで満足しているのか!?」

という厳しくも愛ある言葉だったと思います。

 

「音楽的自立」という言葉を最近よく思い浮かべます。

自分で音楽を楽しめる力。

 

当教室に来ている方にもレッスンを楽しんでいただきながら、

自由自在に音楽を楽しめる力を身に着けて・・・

そのうえでレッスンご卒業の日がくるのであれば嬉しいです。