レッスンへの思い~「習う」ということ

あけましておめでとうございます。

 

年初に気持ちも新たに教室への思いなどを綴っています。

 

→過去の年初ブログ 2017年分 2016年分

 

 

 

私は習い事がとても好きで、子供の頃から今にいたるまで、ピアノは何十年と習っていますがその他に、

習字、英会話、洋裁、料理、ゴルフなどなど・・・

 

いろんなことを習ってきました。

 

 

 

そして最近また新しく習い事をはじめたのですが、

 

『習う』ということも一つの技術だな、

 

 

 

と改めて実感しています。

 

 

 

だれかに何かを習うという体験は、

 

自分自身が指導者になる前のそれとはまったく違ったものとなっていて、

 

今のほうが「習う」ことの難しさをより感じています。

 

 

 

レッスンは

 

「知識を教えてもらう」

 

「技術や練習法を教えてもらう」

 

「曲の学び方を教えてもらう」

 

ところではありますが、

 

 

 

「正しい習い方が身につく場」でもありたいと思います。

 

レッスンがより有意義な時間になるために。

 

私自身も「習う」姿勢を今一度見直しながら、日々のレッスンに生かしていきたいと思います。

 

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

2018年 元旦