教室の選び方③

大人からはじめる趣味のピアノ教室選び」を考えるシリーズ3回目です。

 

今日は下記の項目についての考察です。(以下は私個人の体験や調べたことに基づいています。)

 

~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~

 

①運営者

(1)大手楽器店などの教室

(2)個人の教室

 

●(1)は講師の演奏・指導のレベルや方法などが一定以上で安定している。

(2)は個々でかなり差がある。先生のウリにしていることが多様である。

●(1)は駅近など立地条件が良いところが多い。

●(2)はレッスン料や入会費が大手より割安のところが多い。

●(2)のほうが振替レッスンに柔軟に対応しているところが多い。

 

細かいところではまだまだありますがこんなところでしょうか。

 

~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

 

②形態

(1)グループレッスン

(2)個人レッスン

 

(2)のメリットは一人一人にあった内容や進み方が可能。

ピアノは個人レッスンのほうが無駄なく無理なく習得していけると思います。

デメリットは(1)に比べて時間あたりのレッスン料が高くなること。

 

(1)は大手楽器店やカルチャーセンターで開講してることが多い。

(※当教室では、以下の「メリット」を重視し、来月から個人レッスン受講生の方を対象にグループレッスンも取り入れることにしました。)

 

メリット

●仲間づくりができ情報交換ができる。

●他の人の動向が刺激や張り合いにつながる。

●他の人の演奏やレッスンを見聞きして自分に活かせる。

●アンサンブル体験が可能になる。

 

デメリット

●個別にみてもらえる時間が少なく進み方はゆっくりになる。

●自分の進み方に合っていないことにも時間を割くことになる。

●メンバーの変化によって教室の雰囲気も進み方も左右される。

 

続きはまた(^^♪