トクするレッスンの受け方

こんな方はおられませんか?

 

・「レッスンに来たときは『次こそ(次のレッスンまでに)練習をしっかりとやろう!』と思いつつ、レッスンが終わるとほっとしてしまい、しばらくピアノに触らず日々が過ぎてしまう」

 

実はよく聞かれる声です。

わかります。

  

忙しい中レッスンに通ってくださっているのです。

そうなるのも仕方ないです。

 

しかし!!

 それではせっかくのレッスンが大変もったいないです。

 

「その日のうちに復習しましょう!」

「その日中に復習したら、そのあとは何日空いてしまってもいいです!」

 (毎日少しずつ練習するのが一番ですが)

 

そのようにお伝えしています。

 

人間の脳は元来忘れるようにできていて、

記憶したことは一日後には7割以上忘れているそうです。

(エビングハウスの忘却曲線)

 

その日中にピアノに向かうことができない場合は

 

「その日のうちにレッスンを振り返って、言われたこと、気づきなどをメモしましょう!」

 

練習しなくていいです。

書くだけ。

 

書いて振り返るだけでかなり復習になります。

次に練習するときが何日も空いてしまっても、そのメモをみながらだと効果的に練習できるはずです。

 

こちらの過去記事もご覧ください→レッスン活用法