オンラインレッスン~今の思い

 

3月からずっと準備しておりました「オンラインレッスン」を4月から当教室でスタートしました。(これは現在のところ在籍生さんに対し選択肢の一つとして行っているものですが、将来的にはオンラインレッスンのみのコースも開講するかもしれません。)

 

 

 

既にオンラインレッスンを受講していただいた方数名、体験レッスン受講中の方数名。いろんな心配がありましたが、思っていた以上にスムーズでほっとしています。受講生さまからも「意外と違和感がなくて驚いている」とのお声をたくさんいただいています。また皆さまのお声をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

ここ数か月、非日常の生活で緊張感が強いられる中、3月からはカルチャーセンターの教室がすべて休講、4月は緊急事態宣言日に合わせて当教室もオンラインレッスン以外は休講という決断をしました。

 

 

 

緊張感もそうそう持ち続けられませんが、感染症の拡大は収まる気配がまだなくこの事態がいつまで続くかもわかりません。

しばらくお会いできていない受講生の皆さま、とりわけ3月からお会いできていないカルチャー教室の皆さまのことはずっと気にかかっています。

 

 

 

オンラインレッスンには新たな可能性を感じていますが、通常のレッスンの良さ~通うことの意義、対面ならではの楽しさ、ピアノの生音の心地よさ等々~それらに改めて価値を感じる機会ともなりました。

 

 

 

長年レッスンや講座に通い続けてくださっていた皆さまにとっては、ご自身の事情ではないのに急に通えなくなってしまう、楽しみにしていたことができなくなってしまう。このような事態に何か私にできることはないのか、今も考え続けています。

 

とりあえずは、当教室在籍の方以外もこのホームページ内ブログを見てくださっているかもしれないと思って、更新していこうと思います。